FC2ブログ
優理ライフ・暖明ライブ
麗王に出会ってからサモバカに、今は優理とドタバタの毎日。更に暖明まで加わって・・・
いつものコース(後編)
イヤ~偶然っていいもんですね。

68901
やんちゃな優理でも歓迎してくれて。集合写真も撮らせて頂いて

68902
川で泳いで疲れているのに、シッカリと言うこと聞いてジッと座ってくれてます。

優理がヒートでなければ、カイト君も一緒に・・・
(カイト君ごめんね)

それから2台を見送って、ふと我に返って駐車している車の方へ行くと
車の前にバイクが100台ぐらい置かれていました。
改造してましたし、お名前もしっかり背もたれに書かれた物もありました。

優理を車に乗せ、エンジンをかけ、優理が乗ってる窓を開けて、愛嬌を振りまかせながらこの地をあとにしました。

向かう先は、川俣温泉
それから、峠越えして光徳牧場の脇を通り、金精峠を通過する頃に気温は15℃
優理のママさんのいでたちは、綿パンにTシャツ(半袖)、しかも窓は全開!

冷え切ったのだろうね~!
一応こうやって峠越えする時には、両脇周辺の予想気温も見てきますので、上に羽織る物も持ってきてましたが、着る機会がなかったのか、気付いた時には既に手遅れだったのか?

丸沼高原を抜け、沼田に来た時に既に渋滞は発生していましたが、
そのうち解消する場合もあるだろうし、
これから赤城山を抜けるのも大変だろうと思い高速に入りました。
渋滞情報「高崎J~花園」が、次の情報板になると「高崎J~嵐山・小川」に
伸びてどうする

高崎Jにつく頃には、多少解消されて下さいと祈りながら、少し速度が上がってたような気がします。
我が家の高速巡航速度80km/hですが、100km/hに近かったような

表示通り、高崎Jからノロノロ
普段高速では、優理の要望も聞かずに窓は閉めきったまま走行します。
風切り音と車内の気圧が変わるため私達の気分が悪くなります。
が、渋滞していると、一般道よりも速度が上がらない
なので、窓は開け放って走行しました。

斜め後から黄色い歓声が上がりました。
優理を見て笑っています。
渋滞で疲れた気分を一掃するかの優理の存在

他にも高級車に乗った人が、やはりにこやかに走行しています
それも、我が家の車に速度を合わせるかのように
当然、前の車との距離があくため他の車に入られますがそんなことお構いなし

こういった笑顔や笑い顔を見ると我が家もリラックス出来ます。

ナビが本庄児玉インターの先真っ赤(渋滞が酷い状態)になったところで、
優理ママさんの反対を押し切り、一般道に出ました。

ここまで来れば17号線も254号線もある
高速では脇道に逃げることが出来ないし、パーキングやサービスエリアも利用可能かどうか解らない。そろそろ優理も休憩を入れてあげないと、困るだろうと思ったからです。

でもママさんは冷えた体を温めたいので、反対していました
「暖かい食べ物を食べて・・・」でもそのパーキングにたどり着くのに時間が読めないので無視

そうだ、暖かい食べ物・・・コンビニのおでんだったら、一人で入って買って車に戻って食べられる
選んでる時間ぐらいは、優理を車に乗せておいても静かだろうと

68903
残念ながら、駐車した車の前を白い猫が通ったのを優理は見逃さなかったのです。
吠え始め、慌てて出てきたママさんの制止もきかずに吠え続け

68904
私はゆっくり食べて貰おうと思ったのですが、五月蠅くするとお店に迷惑がかかるだろうと思い出発

2月15日に本庄で降りた時は17号へ行ったのですが、254号線の方が普段使い慣れているので、そちらを利用したのは、正解だったようです。

20時前に帰宅出来ました。

7時半に家を出て20時前
運転手は私のみ
走行距離約400km
(ガソリンの無駄って言わないで下さいね)

次回の計画は、ヒートがほぼ終った時にトリミングにだし、きれいきれいになってからの28日にまた1周してきます。

我が家に来るサモはみんな車が好き
ドライブ好きで助かります。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する


お疲れ様です!
やはり橇の大先輩でしたか。トレーニングをしに来ていたのでしょうか?

優理ちゃんも、満足のようですね!高速でも、楽しいいひと時があり、
長い距離も楽しいドライブになって、疲れも何処へやらかな~
でもパパさんお疲れ様。またよろしくですよ~
蓮ちち | URL | 2009/09/08/Tue 07:24 [編集]
~おへんじ~
☆☆蓮ちちさん☆☆
そうですね、強化合宿と言ってました。

ロングドライブ何のそのなんだけど、
運転手は私だけなんでもう少し、サポートしてくれても良さそうなんだけどね。

こちらこそよろしくお願いします。
麗王パパ | URL | 2009/09/09/Wed 00:04 [編集]



トラックバック
TB*URL





Copyright © 優理ライフ・暖明ライブ. all rights reserved.