FC2ブログ
優理ライフ・暖明ライブ
麗王に出会ってからサモバカに、今は優理とドタバタの毎日。更に暖明まで加わって・・・
サモだらけの水泳大会(中編)
 いよいよ7月29日の本題に移ります。プール編の始まり始まり~!

1


 最初は、泳げる子達のデモンストレーション!

2


 なかなかプールの中のサモ数が増えないために、飼い主達が我が子を入れようと後押ししています。

3


 その中でもひときわ目立つ子が居ます。やはり、入りたくないようです。

4


 お姉さんに助けを求めています。

5


 「う~みは広いな大きいな~・・・」と唱っていたかは解りません。

6


 よく見るとズルズルプールにずり落ちています。

7


 とうとう落っこちてしまいました。

8


 こちらはアリーナチャン初泳ぎ!流石ラーナっ子と褒めるだけあって見事に泳いでいます。私がプールに入っていた時も、手を差し伸べると飛び込んできてくれました。

9


 こちらも初めてのプーシンカちゃん、パパを見つけて縁に近づいて来ましたが、縁は滑るのでなかなか落ち着きません。

10


 こちらも必死で立とうとしているのですが、手をかける場所が無いので溺れているように見えます。

11


 余裕の泳ぎっぷり!鼻だけ水から上がっていれば呼吸出来ると覚えれば簡単に泳げますとの説明。

12


 もっと余裕が出れば、この子のようにオモチャを銜えて泳いだり、ジャーキーを食べながら泳いだりも出来ます。

13


 プラットホームは大賑わい!

 この後のプール編の写真はありません。私も入水したからです。最初はママさんがニッキ君の子どもの白夏くんを預けられていましたが、逃げられてばかりでいっこうに入る気配がない。仕方がないので、飼い主の許しを得て、抱きかかえてそのままプールの中に一緒に入りました。白夏君は最初は流石ニッキお父さんの子どもだなあと感心するほどの泳ぎっぷり、麗王にやっていたように&ウブ様の言うとおり尻尾を持って少し上げてやると手が浸かりチャンと泳げました。ワンちゃん用のライフジャケットを着けていたのはコボチャン位かなあと覚えが曖昧です。
 その後も私は水の中にいて、嫌がる子を送り出す飼い主さん達に「抱えて入れましょうか」と聞いてから半ば無理矢理抱えて入れていました。嫌がっていたのでと言ってもひとりも咬む子は居ません。みんな飼い主さん達の意図が分かって喜ぶ顔が見たいと思っているためだと思いました。
 結局最後までプールにいたのは私のような気がします。
 他のみんな(サモも含めて)は水から上がってサモの世話をしたり着替えたりしていたみたいです。私は海パンを持参していたので、最初から入れると解っていたら履いていってズボンを脱いだ状態で入ったのに残念でした。
 その後は、車に戻り着替えをすましてプチに戻ろうと思っていたら、雨がとうとう降り出してきました。

 凄い!晴男・晴女さんご苦労様でした。グッドタイミング!

 さて、お次は後編のドッグランプチに移ります。
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 優理ライフ・暖明ライブ. all rights reserved.