FC2ブログ
優理ライフ・暖明ライブ
麗王に出会ってからサモバカに、今は優理とドタバタの毎日。更に暖明まで加わって・・・
26日・秋元湖展望台編
那須を後にして
グングン北上する
段々と車の数が減ってくる

郡山ジャンクションは私の苦手な場所
ナビの言う通り、
でも見入らないように!

磐越道を今度は西に
4年目のスタッドレス 結構グリップ残ってる
ブレーキは極力避けて無事に猪苗代で高速を降りる
一般道の歩道に積もった雪は結構な高さがある
順調に進んでいき
優理は二回目の「フットルース」に到着
だ・け・ど
時間の余裕をたっぷり見てきたはずなのに
チェックインまであと2時間
いくら何でも・・・
でも、今日はもう何もする予定がない

お宿に入って、「ドッグランで遊ばせても良いですか?」と聞く事に
受付辺りで呼び鈴3回&呼びかけ3回 応答無いし
無断使用は避けたい

お宿の回りを少し散歩?
ワンコとの利用施設マップ開いて
“秋元湖展望台”が近くって、
今まで4回来ていても一度も行ってないところ

テクテク 優理&暖明は道ばたの雪だまりに飛び乗ったり
顔埋めてたり、リードを持つ私にお構いなし
最初の分岐点に来たときに“展望台”の看板無し
まあ時間はたっぷりとあるんだから、先ず右行っちゃえ~!

テクテク 今度は橋の上から優理&暖明が川をのぞき込む
「落ちないようにしてくれよ」とリードは短めに
湖の堤防のような感じの施設が見えてきたので左に曲がる
前からスノーモービルに乗ったおじさん達が来る

来た方向に多少滑りながらも行ってみる
頂点に達したら目の前に真っ白い平原が開けた
右の方には、テントもチラホラ

もしかして、ここはワカサギ釣りするところへ降りる場所?
でも、折角登ってきたんだから記念撮影

159031

159032

159033

元に戻ってくるとさっきのモービルに乗っていた人たちが
車エンジンかけていた
「あの~、展望台に行きたいんですけど~?」って聞いたら
「橋戻って、二股を右に折れたら丘の上が展望台だよ。
 カワイイワンコだね」と褒めてくれたのでハッピー
寒いけど、散歩頑張りましょう

更にテクテク 分岐を右に
テクテク おや?ここに人が歩いた跡が付いてるね
なにやら、標識らしき物もあるね
“秋元湖展望台”の文字が有ったのですが
遊歩道はすっかり雪に埋まってしまっている

いいや、行っちゃえ!
優理&暖明は私を引っ張りながら進んでいく
後からママさんゆっくりと這いながらついてくる
私は優理や暖明が深みにはまってくれるのを見ながら進んでいるので
足を取られる事はない
が、ズ~ッと後ろから来るママさんは時折深みにはまって「きゃ~」って叫び声を発してる
でも、私も助けに戻る事は出来ない
優理&暖明の引きを制御するのが精一杯

ママさんを凡そ30m離して、先に展望台に到着
で・も・
何の事無い、堤防の上のような感じ
先ほどの処よりは広いけどね
ここでも記念撮影

159034

159035

この堤防から降りる時
やってしまいました 腰まで埋まる大失態
ジーパンにいつものジャンバー
おニューのカメラは懐に入れていたので問題ないけど
そこから這い出すのに汗かいてしまった
早くペンション帰って着替えないと風邪ひいちまう

左の木ノ上から鳥が鳴くような声
「こんなに寒いのに大変だね」とか言いながら
電話線が大きく揺れた ??? 余程大きな鳥?
いえいえ、電話線にぶら下がったお猿さん
(残念ながら写真無し、焦点がどうしても前の小枝に合ってしまうため)
気がついた優理&暖明は、下が川という事お構いなしに引っ張る
制御困難 なのにママさん気楽に「写真撮りなよ」という
そのママさんは、お猿さんが何処にいるか見えない様子

リードを短くして、何とかその場から離れる
またまた、冷や汗も加わってシャツはベショベショ
風邪ひかないように下着全部取り替えたい
が、ペンションに到着してもまだ30分前

オーナーの好意で優理&暖明はドッグランに放牧
だけど着替えは車の中なのでもう少しドッグランに付き合ってやりましょう

風邪ひかないように
気を抜かないように
スポンサーサイト








管理者にだけ表示を許可する





トラックバック
TB*URL





Copyright © 優理ライフ・暖明ライブ. all rights reserved.